「首から肩にかけての痛み」でお困りの方へ

首から肩にかけての痛み

夏に入り、「首から肩にかけての痛み」で整体に来られる方が多いです。

 

特に何かしたわけではないのに「ある日から首に痛みが出だした…」という事。

 

最初は整形外科で痛み止めをもらって過ごすものの痛みは変わらず。

MRIで検査し頸椎ヘルニアと診断されて治療しても変わらない…

 

ブロック注射したら余計に痛みが増して呼吸しにくくなったり、眠れなくなる方もいます。

 

うちに来られる時は痛みが出て1ヶ月ほどしてから来られる方が多く、最近は男性の方が増えています。

 

夜になると痛みが来るので眠れないと不安障害になる方もおり、睡眠薬が手放さなくなる方もいます。

 

スポーツや交通事故などの強い衝撃でなはく、なんとなく首が痛み出した原因は「体の歪み」と「歪みを作っている生活習慣」です。

 

  • 検査では肩の高さが左右大きく歪んでおり、首がストレートネック。
  • 家での主な姿勢は座椅子か腕枕でテレビを見ている。
  • 肩甲骨や背中が硬く後に手が回らない。
  • デスクワークや車の運転が長い

 

などうちに来られている方も体の歪み方や生活習慣が共通していることが多いです。

 

当院では体を整えて首が正しい位置になるよう調整していくことはもちろん、歪みを作っている生活習慣のアドバイス、正しい姿勢の座り方、立ち方、体に痛みが出にくくするためのストレッチなどを指導しています。

 

みなさん、首肩の位置が正しくなっただけでも

「上を向けるようになった~」

「仰向けで寝れる!」

と喜ばれており、痛みがとれてもストレッチをまじめにされていますよ(^^)

 

痛み止めやマッサージなどでも全然良くならない首の痛みでお困りでしたらお気軽にお問い合わせください。

首痛(むち打ち・寝違い)について詳しくはこちら

首痛(むち打ち・寝違い)

この記事に関する関連記事