『頚椎ヘルニアの首の痛み、手のしびれ』で治療中の患者さん

『頚椎ヘルニアの首の痛み、手のしびれ』で治療中の患者さん

半年前から原因不明の手のしびれが起こり、病院では『頚椎ヘルニア』と診断された60代の男性。

 

最近では上を向いた時や仰向けに寝ている時に首の後ろに痛みが走り、右手全体にビリっとしびれがある日が増えてきたとのこと。

 

夜も痛みで寝れない日が続いて、少しでも改善したいと整体に来られました。

 

病院ではこの歳で手術はしたくないとリハビリをしていたが変化がなく、しびれは強くなるばかりだそうです。

 

触診では背骨全体のカーブが崩れており、背中全体が固い状態でした。

 

少しづつ椎体一つ一つを緩めていき、肩甲骨付近を整えていくと首の痛みに大きな変化が出てきたので、本人も回復の兆しが見えてきたと前向きになりました。

 

今日で5回目ですが、首の痛みは完全にとれ、夜寝ていても手のしびれで起きることはなくなりました。

 

本当によかったです(^o^)

 

あと少し、右肩と首に少しコリが残っていますが、ストレッチも真面目にされているので

回復は早いと思われます。

 

首の痛みは放っておくと神経痛になりやすいので、早めにケアされてくださいね。

頚椎症について詳しくはこちら

頚椎症

この記事に関する関連記事