犬の散歩中に肩に激痛が走ったとご来院された患者さん

犬の散歩中に肩に激痛が走ったとご来院された患者さん

犬の散歩に肩に激痛が走り、1ヶ月以上経っても痛みが治まらないと60代女性の方がご来院されました。

 

最初は整形外科で痛み止め注射やお薬を飲んでいたがその時だけで変化なし。

 

最近はマッサージにいっているが揉み返しで痛みが酷くなっているとの事。

 

家事などの生活にも支障をきたし、最近は夜寝ている時も疼いで寝れない。

このまま右腕が使えなくなるんじゃないかとご心配な様子でした。

 

痛みの原因は犬にグイっと引っ張られた時に激痛が走ったとのことで、脱臼のおそれがないか病院で検査したが脱臼はしていませんでした。

 

痛みは右肩前方で腕を上げたり、重たいものを持つと痛みが出ます。

 

こちらでの施術はまず、大きくずれていた肩甲骨を揃えることと、長期の痛みで過緊張している肩周りの関節を緩める施術を行いました。

 

1回目で腕を上げる角度が大きく変化したため、ご本人も希望が見えたらしく、「うれし~」と笑顔がみられ、3回目ほどで寝てての痛みは完全になくなり、5回目で普通の生活が送れるぐらいになりました。

 

本当によかったです(^^)

また、楽しく犬の散歩ができますね!

 

肩の痛みは複雑な構造だけに厄介です。

 

病院などで痛みがなかなか治りにくいという方はお気軽にご相談ください。

胸郭出口症候群について詳しくはこちら

胸郭出口症候群

この記事に関する関連記事