慢性疲労症候群|「怠け」と誤解を受けやすい不調でお悩みの方へ

慢性疲労症候群|「怠け」と誤解を受けやすい不調でお悩みの方へ

当院にも「体がだるい、重い」「動く気力が出ない」などの慢性疲労でお悩みの方が多く来られています。

 

仕事や学校に行くのがしんどい、朝起き上がるのも辛いなど日常生活にも支障をきたしている状態が半年以上続いているケースが多いです。

 

こういった症状は周りやご自身でも「病気」と判断しづらいので自己嫌悪に陥ったり、まわりの人からは「怠けている」「いい加減な人だ」などと見られやすい点も辛いですね。

 

病院で診察受けても原因の特定は難しく、対症療法でビタミン療法や薬物療法などしかなく、有効な治療法がなかなかありません。

 

大概が「ストレスが原因」で終わってしまいます。

 

 

当院では、こういった方が来られた場合まず生活習慣や周りの環境を詳しく問診いたします。

 

実は日常の生活に改善のヒントが隠れている場合が多いからです。

 

まずは、一緒に少しづつ改善できる所を探し、お風呂の入り方や簡単なストレッチ、姿勢のポイントなどこちらからもアドバイスをしていきます。

 

日常生活を少し変えていくだけで症状がどんどん軽くなる方も多いです。

 

もちろん整体なので、自律神経や血流の流れが良くなるよう身体のゆがみをしっかりと整えてます。

 

ほとんどの方が生理湾曲(背骨のカーブ)が崩れ、呼吸が浅くなっています。

 

しっかり呼吸ができるよう骨盤、背骨、首肩回りを整えると疲れが残りにくくなり、朝の目覚めから変わってきますよ!

 

お一人で悩まずに問合せフォームかお電話でも結構ですので、お気軽にご相談くださいね。

慢性疲労症候群について詳しくはこちら

慢性疲労症候群

この記事に関する関連記事