「顎関節症の痛み」で来られている歯科助手さん

「顎関節症の痛み」で来られている歯科助手さん

今月はじめに「顎関節症の痛み」で来られた歯科助手の女性の方が5回目の来院と同時に

「夜中ゆっくり眠れました~!」と飛びっきりの笑顔を見せてくれました。

 

※画像はイメージ像です

 

痛くなり出して半年、先月から夜中も痛みで起きるほどキツイ状態でした。

 

初見では、骨盤、肩のライン、左右の顎の位置がご自身でも分かるぐらい歪んでおり、聞けば肩こり、首こり、頭痛もするとの事。

寝相も横向けでしか寝ることができず、片噛みもクセになっていたので、目標として仰向けで寝れるように歪みを整える施術と、片噛みのクセ矯正をしました。

体のゆがみが整え、顎関節の調整を繰り返した結果、5回目にして痛みがなくなりました。

喜んでいる姿を見ていて、私も嬉しくなりました(^^)

日頃の週間で「片噛み」、「頬づえ」、「寝相(仰向けで寝れない)」が癖になっている人は顎の痛みが出やすいので要注意です。

少しづつ見直してみてくださいね!

顎関節症、顎周辺の痛みでお困りの方はいつでもご相談ください。

 

顎関節症(あごの痛み)について詳しくはこちら

顎関節症(あごの痛み)

この記事に関する関連記事