『陸上の練習時に足裏と膝が痛い』という中学生が治療を受けに来院。

『陸上の練習時に足裏と膝が痛い』という中学生が治療を受けに来院。

『陸上の練習時に足裏と膝が痛い』という中学生がお母さんとご一緒に整体を受けに来られました。

 

中学生の男の子で主に中距離を走っているそうです。

 

痛みが出たのは2ヶ月前。

はじめに右の足裏が痛み出して、それでも練習をしていると今度は右膝も痛くなり部活を休んでいるとのこと。

 

ずっと整骨院に通っていたが症状は良くならず、最近では練習以外で生活面でも階段や正座が痛くなり、何とかしなくてはと思い当院に来られました。

 

初診の検査でまず気になったのは股関節(足の付け根)です。

 

あお向けに寝た時の足の開き、足の長さとも左右大きく違い、骨盤も含め大きな歪みとねじれがありました。

 

ふくらはぎから足首にかけてはガチガチに固まっていました。

 

痛みは足裏と膝でしたが、まずは股関節の左右差の調整と、足首から股関節までの筋肉の緊張を緩めながら軸を揃えたところ、膝の痛みは大きく軽減しました。

 

主な原因は股関節の歪みと判断できます。

 

トラック競技をされている陸上の方は左右で使う筋肉が違う為、少しづつ左右のバランスに歪みが生じてきます。

 

そこに、ストレッチ不足と疲労がたまると一番可動範囲が少ない『膝』に負担が来ます。

 

この中学生の男の子も左右のバランスと柔軟性をつけていけば、若いだけに早々に部活に復帰できるでしょう。

 

お教えした自己ストレッチも真面目にしているそうです(^^)

 

陸上以外にもバスケットやサッカーでも膝の痛みで来られる中学生が増えています。

 

もし、お子様が膝や足の痛みでスポーツを我慢されているのでしたらいつでもご相談くださいね。

足底筋膜炎について詳しくはこちら

足底筋膜炎

この記事に関する関連記事