『変形性股関節症』でリハビリしているが痛みが治まらず、手術をしたくないと来られている患者さん。

『変形性股関節症』でリハビリしているが痛みが治まらず、手術をしたくないと来られている患者さん。

『変形性股関節症』の痛みで来院中のKさん(男性70代)。

 

『変形性股関節症』と診断されて、病院で1年以上リハビリしているが痛みが治まらず、お医者さんからは手術をすすめられている状態。

 

本人は術後のリスクもある為、何とか手術は避けたいと思い、リハビリを頑張っていたのに

痛みは強くなるばかりで今回『手術しかない』と言われ相当落ち込んでいました。

 

最近は膝関節やおしりまで痛みが出始め何していても痛いとのこと。

 

痛みを我慢して運動したせいか骨盤周りの筋肉をガッチガチに固めており、本来、股関節が持っている可動域を1割ぐらいしか使えていない状態でした。

 

今日で7回目。

歩幅は狭いでしたが、杖なしで歩くことができました(^^)

 

Kさんも「希望が見えてきた」ととっても嬉しそうな笑顔をしてくれました。

 

大きな原因は左ばかりに体重がかかる骨盤の歪みでした。

 

やはり身体はバランスで成り立っています。

痛みが出ているところだけが原因ではありません。

 

同じように病院ではなかなか治りにくいでお悩みでしたらお気軽にご相談ください。

股関節痛(おしり、足の付け根の痛み)について詳しくはこちら

股関節痛(おしり、足の付け根の痛み)

この記事に関する関連記事