『生理痛が重い、きつい』と鎮痛剤が手放せない女性が来院

『生理痛が重い、きつい』と鎮痛剤が手放せない女性が来院

昔から生理痛がひどくお腹や腰が痛みがあり、最近は頭痛や吐き気までしているとのこと。

 

この方は学生の頃から生理痛に悩まされており、漢方や鎮痛剤を飲み続けているがなかなか良くならず、毎月起きれないほどの生理痛でお悩みです。

 

その他にも冷えや便秘等の症状もあり、薬に頼らずに根本的な治療をしたいと当院へ来られました。

 

最初の触診、歪み検査での印象はとにかく体が異常に硬い!

 

特に肩甲骨付近、股関節周りは可動域がとっても狭く、本人も昔から体が硬くて正座もできないとのこと。

 

骨盤も後ろに倒れている状態でしたので内蔵に子宮が圧迫され、重い生理痛や便秘などの引き起こしていたと考えられます。

 

正常な骨盤の位置を取り戻すことと、血流の流れを良くするために股関節周りの筋肉をゆるめ可動を広げていく施術を行いました。

 

結果は次月の生理日から変化が出ました。

 

「先生今回はかなり楽で助かりました~」と満面の笑顔をされており、私も嬉しかったです(^^)

 

施術と同時にゆっくりお風呂に入る週間やストレッチもやられたので改善が早まったと思われます。

 

『生理が重たいのは体質だから・・・』とあきらめている方はぜひご相談ください。

 

必ずどこかに原因があります。

 

お薬の頼らず、根本改善を目指しましょう!

 

お気軽にご相談くださいね(^^)