産後、骨盤が歪む原因は?

産後、骨盤が歪む原因は?

妊娠中の骨盤

赤ちゃんを妊娠するとリラキシンというホルモンが分泌され、出産に向けて骨盤周りのじん帯を緩め、骨盤を開きやすくします。

産後は徐々に開いた骨盤も戻ろうとするのですが、妊娠中からの筋力低下育児中の不良姿勢などが原因で元に戻ろうとする力が弱くなり、骨盤がゆがんでしまいます。

『産後の骨盤矯正』は妊娠出産で開いたりゆがんだ骨盤を本来のあるべき元の位置に戻して整えること目的としています。

骨盤がゆがんだままだと筋力バランスも崩れ、新陳代謝の低下を招き、血流やリンパの流れも悪くなり、冷え、尿漏れ、慢性疲労、後太り(下半身太り)など体型戻しも困難になります。

まずはゆがんだ骨盤を整える「骨盤矯正」はもちろんですが、骨盤内のインナーマッスルを整える体操や適度なエクササイズも大事です。