VDT症候群


【VDT症候群の施術について】

VDT症候群鹿児島

当院へ首肩コリの症状で来られる方の中には「VDT症候群」
と診断され、目の疲れ、痛みをお持ちの方も多いです。

別名「パソコン病」とも言われていますね。

お仕事で長時間パソコンを使う方や夜中までテレビゲームに
熱中されている方などがかかりやすいです。

目の疲れや痛み、不安感やうつ症状、ストレス障害で悩まれて
いる方は当院のVDT症候群に対する施術方針について書きま
したのでじっくりお読みください。

 

【仕事中、パソコンをしていると目がかすむ・・・】

● ドライアイ、眼精疲労に悩まされている。

● 首や肩のコリがひどく、頭痛もする。

● 目薬をさしても充血や疲れ目が良くならない。

● 最近、視力が低下して目がぼやける。

● めまい、手指のしびれがある。

● イライラや不安感、集中力低下、抑うつなど精神的な不調
  が出ている。

● パソコンを使うデスクワークが辛く、仕事を辞めたい。

そんな患者さんたちが当院に来院されています。

当院ではあなたのをVDT症候群を引き起こしている根本原因を
探し出し、改善していきますのでお気軽に何でもご相談ください。

 

【VDT症候群にはこんな施術をします】

VDT症候群 鹿児島「

VDT症候群とはコンピューターディスプレイなどの表示機器を長時間使用し続けたことによる心身の不調の事を言います。

今の時代はパソコンや携帯電話なしでの生活は考えられないと思います。

原因としてディスプレイの人工光による目の疲れから来る症状と言われていますが、実はパソコンをしている姿勢に大きく関係しています。

VDT症候群で来られるほとんどの方は猫背になっています。

そもそもパソコンやテレビゲームなどをしている姿勢は首がこりやすい姿勢です。

首がこると自律神経が乱れ、精神的な不調が表れてきます。

当院では真の原因である首こりをゆるめ、血流やリンパの流れを
よくして緊張しにくい身体作りをしていきます。

VDT症候群はマッサージだけではなかなか改善しません。

首(頚椎)の関節の調整や肩甲骨の調整、正しい姿勢を維持でき
るよう骨盤、背骨の調整が必要です。

自律神経が整い、副交感神経の働きがよくなるとVDT症候群
のような心身の症状が改善していきます。

病院やマッサージでも改善しない方はご相談くださいね。

 

【VDT症候群が改善された患者さんの声】

当院にVDT症候群で来院された患者さんから
頂いた感想を紹介します。

ご参考になれば幸いです。

H・Mさん
<会社員(デスクワーク)>

「先生のおかげで回復の一歩を踏みだせたようです」
(首痛で来院されました)

長い間悩まされていた首痛でしたが、
先生のおかげで回復の一歩を踏みだせたようです。
無理をせず、体を気付かって下さる治療に
安心して専念できます。
ありがとうございます。

K・Hさん
<事務職(デスクワーク)>

「だいぶ体が軽くなりました」
(肩こりで来院されました)

毎日デスクワークなので、肩こりがひどかったのですが、
施術を受け、ストレッチをするようになってからだいぶ
体が軽くなりました。
これからも、引き続き頑張ります!!

M・Mさん
<事務>

「昔から体のゆがみを感じて…」
(偏頭痛、肩、腰の痛み、体の歪みで来院されました)

昔から体のゆがみを感じてだんだんと肩や腰に痛みを感じるようになりました。今年に入って痛みがひどくなり来院しました。今日で3回目の施術でしたが、だいぶ体が軽くなり、偏頭痛もかなりおさまってきています。これからも体をいたわり、メンテナンスに通いますのでよろしくお願いします。

 

【お気軽にご連絡ください】

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

*保険診療ではございません

このページの先頭へ