私が開院した理由

開業までの苦労話

このページでは、

・11年間勤めた会社を辞めて整体師になろうとしたきっかけ
・数ある整体の中でなぜ、回復整体を選んだのか?
・開院して味わったどん底の生活
・今現在、開院して感じていること

などを書いています。

 

院長 松本 力(つとむ) ヒストリー

院長幼少期

1975年 熊本県熊本市に松本家の次男として生まれる。

1976年 父の転勤で鹿児島市玉里団地に移り住む。

1994年 鹿児島県立松陽高校卒業後、福岡の東和大学へ
    進学。

1998年 卒業後、食品メーカーに入社、沖縄営業所に配属。

2006年 事務として働いていた妻と社内恋愛の末、結婚。

2007年 9月に日本回復整体総合学院に入学し、会社勤め
    しながら整体の勉強を始める。

2007年 12月に長男が誕生。

2008年 育児と整体の勉強と会社勤めの人生で最高に忙しい1年間。

2009年 7月に11年務めた会社を退社。家族で地元鹿児島市紫原
    へ移り住む。

2010年 2月に長女が誕生。

2010年 3月 日本回復整体総合学院を卒業。

2010年 4月1日に鹿児島市紫原に「からだ回復整体鹿児島」を開院。

 

私の独立開業物語

沖縄の海

昭和50年に熊本県熊本市で次男として誕生。

翌年には父の転勤で鹿児島に移り住み、高校までの 青春時代を過ごしました。

高校卒業を機にあこがれの一人暮らしをする為、福岡県福岡市の東和大学に進学。
(ゆるい大学生活を満喫)

卒業後は食品メーカーに入社。沖縄県の那覇営業所に配属され 沖縄の温かい土地柄にどっぷりハマリました。
(結局約11年間沖縄で過ごしました。)

 

幸せ絶頂期から地獄の日々へ

結婚披露宴

その当時、同じ会社の事務として働いていた妻と社内恋愛の末
30歳に結婚。

と同時に家庭を持った責任感からか将来への不安と仕事の
ストレスで急に体に不調が出始めました。

会社での役職も上がり、部下の指導、上司との人間関係、毎月の売上ノルマのストレスで、背中が板のようになり起き上がれなくなったり、気分が憂鬱になったりなどの症状に悩まされ、
「このままでいいのだろうか・・・」と漠然とした不安が頭
をよぎる毎日でした。

あまりのキツさに整形外科などの病院へ行ったり、マッサージや
整体などにもお世話になりました。

その頃から人間の心や体の健康に興味を持ち始めたのかもしれません。

 

回復整体との出会い

結婚して1年ぐらい経った頃、第一子の妊娠がわかりとても
うれしい半面、今のままこの会社に勤めていていいのか、
将来に対して漠然と不安が押し寄せてきました。

その頃から独立して食べていく方法を探しだしました。

 

自分には何が向いているのだろう…

勉強

外回りの営業中、本屋によっては独立開業の本を読みあさったり、 資格を取ろうと仕事後や休みの日は専門学校に行き、ファイナンシャルプランナーやパソコンの資格の勉強をしました。

ですが、目標が漠然過ぎたのかあまり身につかず、資格試験にも通りませんでした。

仕事にも身が入らず、気も滅入っていた時期が続きました。
その頃通っていた整体を受けながら、
「こんな人に感謝される仕事もいいなぁ」
と思うようになり、整体に興味を持ちだしました。

 

やりたい事は見つかったが、現実は

やりたいことが決まってからは即行動で、沖縄にある
いくつかの整体学校の説明会や見学などさせてもらったり、
会社案内資料を取り寄せて比較してみたりと色々調べました。

私は最初から独立して自分で店舗を出すつもりでいたのですが、
私が調べた整体学校の卒業生はほとんどがホテルのサロンや
マッサージ系の会社への就職が大半で、独立されている方でも
アロママッサージなどリラクザーションでされている方ばかり…。

私は「痛みを取れる治療家」になりたかったので、どうしても
違和感があり入学に踏み込めませんでした。

やはり、すぐに開業は難しいのかなと思っていた矢先、たまたま本屋
でとった本が「回復整体」の事について書かれていた本でした。

 

とうとう見つけました

卒業

卒業生の実績や体に負担のない施術方法に魅かれ、一晩で読んで「これだ!」と思い、学院のホームページを読みあさり、次の日には妻を説得してすぐ入学を決めました。

それから開業までの3年間、最初の2年は仕事に勤めながら週末を利用し福岡へ勉強、残り1年は会社を辞めて家族で地元の
鹿児島へ移住し、福岡へ月の半分泊り込みで勉強と同時に開業の
準備に追われる日々でした。

そして2010年4月、鹿児島市紫原に「からだ回復整体鹿児島」
が誕生しました。

 

開院して味わったどん底生活

店舗ガラガラ

開院後は自分なりに自信のある治療技術でたくさんの患者さんに来ていただける確信はあったのですが… パッタリでした。

元営業の手腕を生かして情報誌や工夫したチラシをたくさん配りましたがそれでも全然患者さんは増えません。

「なにがいけないんだろう…」

毎日が不安で、増えるのは患者さんではなく借金ばかり。

 

妻の一言で…

そんな私を妻が心配して、「まずは先のことばかり考えずに来てくれた
患者さんを良くする事だけ考えたら」と言ってくれました。

完全に開き直りました。

不思議ですね。良くなった患者さんがどんどんご家族やご友人を紹介して
いただき、いつしか不安はなくなり治療院はたくさんの笑顔であふれて
いました。

患者さん一人ひとりに本気で向き合う大切さを教わりました。

治療院にも飾っていますが「一期一会」という言葉が私は大好きです。

 

最近の松本力

笑顔であふれる施術所

最近ではお子様連れのお母さんも多く、妻と二人バタバタしながらも私たちが目指す「笑顔であふれる整体院」になってきました。

ここに来てくださっている方々は本当に健康意識の高い方ばかりで、私がアドバイスしたストレッチや生活習慣の改善指導などを しっかり守られてどんどん良くなっています。

逆に私が見習わなければいけません。(笑)

 

これからの目標として

今はとにかく一人ひとりのお話をしっかり聞き、痛みを
ひき起こしている原因の原因まで追究し、
「痛みのでないカラダ」=「自分で治せてしまうカラダ」
を目標に日々患者さんと二人三脚で取り組んでいます。

今後は地域の方々の健康維持の為に「姿勢健康教室」の開催や、
子育てが大変なママさん達へ「産後の骨盤体操講座」等の活動が
できるようにして行きたいと思います。

もっともっとたくさんの方の笑顔が見れるようがんばります。

長い話にお付き合い頂きありがとうございました。

このページの先頭へ