変形性膝関節症

【変形性膝関節症の施術について】

変形性膝関節症鹿児島

病院で「変形性膝関節症」と診断され治療をしているが
一向に改善が見られないと当院へ来られる患者さんが
多いです。

中高年の方が多く、軟骨のすり減りは老化だから仕方ない
と半ばあきらめておられる方もいます。

何とか痛みのない普通の生活に戻りたいと思われている方
は当院の「変形性膝関節症」の施術方針について書きまし
たのでじっくりお読みください。

 

【歩くと膝が痛くて犬の散歩ができない・・・】

● 膝を深く曲げると痛いのでだんだんと正座ができなく
なってしまった。

● 階段を下りるとき膝の内側がズキズキ痛む。

● 膝に水がたまり、病院で水抜きを繰り返しているが痛みが
変わらず、最近関節がギスギスしてきた。

● 足が伸びきらず、仰向けで寝れない。

● 筋力をつけようとトレーニングをしているが余計痛みが
強くなってきた。

● 数年前に手術をしたが最近痛みが再発してしまった。

そんな患者さんたちが当院に来院されています。

痛みをかばっている生活が続くと反対の膝も痛くなったり、
股関節を痛めてしまうことがあります。

当院ではあなたの変形性膝関節症を引き起こしている根本
原因を探し出して改善していきますので、お気軽に何でも
ご相談ください。

 

【変形性膝関節症にはこんな施術をします】

変形性膝関節症鹿児島治療

変形性膝関節症は必ずしも年齢による老化や筋力の低下
だけが原因ではありません。

まずは身体のバランスを整えることが大事です。

足裏のアーチや骨盤、股関節を整えることをしなければ
いくら痛み止めや注射をしても変わりません。

膝の軟骨のすり減りが原因と言われている症状ですが、なぜ
軟骨がすり減ってしまったかという原因を見つけ出すことが
大事です。

ゆがんだ間違った身体の使い方をしていれば左右のバランス
がくずれ、O脚やX脚などによる膝関節のねじれなどで軟骨
がすり減る原因となります。

軟骨に均等に体重が乗るように足の外側内側前後の筋力のバ
ランスも整える必要があります。

その為のストレッチや立ち方や座り方の指導を行います。

注射や痛み止めも一時的なもので根本解決にはなりません。

手術後、痛みが出たという方でも施術できますので分から
ない事は何でもご相談ください。

【変形性膝関節症が改善された患者さんの声】

当院に変形性膝関節症で来院された患者さんから
頂いた感想を紹介します。

ご参考になれば幸いです。

吉倉さん
<販売員>

「今日はとってもかるくなりすっきりしてきました」
(ひざ痛で来院されました)

足とこしがすっきりとっても気持ちよかったです。
ヒザがかるくなりました。
前はヒザがとっても痛くて歩くのに大変でした。
一週間ぐらいは電気をかけてましたけどなかなか痛みが
とれなくてでした。
今日はとってもかるくなりすっきりしてきました。

匿名さん
<専業主婦>

「今までの整体とはちがいますネ」
(ひざ痛で来院されました)

全々痛みを感じず体が軽くなるやさしいタッチで
今までの整体とはちがいますネ。

 

【お気軽にご連絡ください】

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

*保険診療ではございません

このページの先頭へ