背骨の「生理的S字の湾曲」の重要性~その①

理想の背骨、それは『生理的S字の湾曲』です。

生理的S字の湾曲整体鹿児島

 

S字の湾曲があってはじめてどこの神経も圧迫されることなく

内臓は正常に動いてくれます。

 

このS字の湾曲から1センチでも、もしどこかでズレがあれば

そこから出てる神経に繋がっている内臓は

100%正常には動いてないという事になります。

 

100%正常に動いていないという事は、

それが後々大きな病気を引き起こす原因となります。

 

---

 

例) 庭の草木に水まきをする時、蛇口からホースをお庭まで引っ張ってきて

  ホースからチョロチョロとしか水が出てこなかったらどこかで

  途中で挟まっているのかな?って思いますよね?

  身体に歪みがあるということは

  その状態が背骨のどこかで常に起きているということです。

 

 

---

 

起きている時もそうですけど、寝ている時にS字の湾曲を保つことが一番大切。

人は寝ている時に身体の修復作業を行います。

 

1センチでも沈むベッドに寝ていると背骨はゆがんできます。

 

骨盤の部分は重いです。自分の体重の約44%が骨盤に比率がかかります。

背骨は丸くなり猫背の姿勢になります。

 

ということは、身体を歪ませながら眠ることになります。

起きた時に疲れが取れないのは当然です。

 

理想は畳にせんべい布団です。

 

次回は「どのように身体が歪んでいくか」をご紹介しますね。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページの先頭へ