パーキンソン病での歩行困難な症状に改善の兆しが見えた方からの感想

顔を上げるのが辛く、歩行や食事がきついとパーキンソン症候群で来られた女性からお喜びの声を頂きました。

パーキンソン病

 

歩く時歩幅がせまく膝がまがらず足もあがらなくて

前のめりになって歩く感じでしたが、

膝がまがり足があがり足踏みできるようになりました。

 

身体がスッキリして軽くなりました。

 

歩く時もスムーズに足がでて歩けます。

 

症状 パーキンソン病

名前 Mさん 60代 女性  職業 販売員

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

《院長より》

パーキンソンの症状は5年前ぐらいから感じ始め、

最近は顔を上げるのも辛く、歩くのも小刻みにしか

歩けなくなってきている状態です。

 

前傾姿勢が続くため、腰の痛みが辛いとお悩みでした。

 

全身の硬直を緩めるように足先から足首を重点的に

緩めていくと少しづつ膝や股関節の稼働が大きくなって

きました。

 

歩くときの歩幅や動き出しに変化が現れ、ご本人も喜ばれていました(^^)

 

少しでも症状が改善できるよう頑張りたいと思います。

 

============================================================

【鹿児島市紫原の整体マッサージ】キッズスペース完備の『からだ回復整体鹿児島』

鹿児島市紫原6-41-3 (紫原中前バス停から徒歩1分です)

TEL 099-812-7066

・新規の方1日3名まで【完全予約制】

・「ホームページを見て…」とお気軽にお電話ください

===========================================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページの先頭へ